クライアントさんの声 (エコーの形で)


クライアントさんのセッション後のご感想を、エコー(木霊)の形でこちらに掲載させていただきます。

掲載にあたり、クライアントの皆様から許可を得ております。皆様からご快諾を賜り感謝しかありません。

真摯に真剣に、セッションの中でご自分に向き合われるクライアントさんの姿に私はいつも敬意を感じます。そして、そんな体験を経た人の言葉からは、力を感じます。

 

【「エコー」とは】
山の木霊の英語"Echo"です。
ゲシュタルトのワークで、見守っていた参加者やファシリテーターが、ワーク中に発された言葉(動作や音の場合もあり)で、見ていた自分自身に響いたものを、聴こえたそのままに、あたかも山の木霊のように発してみることです。試着してみるように、ワーカーの言葉を発して自分に響かせてみる。ということです。決して、ワーカーに対して「これを覚えておきなさい」とか、「あなたにとってこの言葉が重要よ!」とお仕着せするような意味合いではありません。
ワークした人は、エコーを聴くと、見守られていたことを実感できます。そして、もう一度、その言葉を体験する機会となります。とても豊かな時間になります。
ここでは、ワーク中の言葉ではなくて、セッション後にクライアントさんからいただいたメールの中でわたし自身に響いた言葉たちをピックアップさせていただきました。どれも珠玉の言葉たちなのです。いつも、わたしだけにとどめておくのが本当に勿体ないと感じます。
もう一つの意味合いとしては、エコーとしてご紹介することで、それぞれのクライアントさんのストーリーには触れずに済みます。プライバシーを守ることが出来ると思っております。

 

 

 

少しずつ、新しいクリアな世界が見えてきた気がしています。

 

 

私にとって、あの作業は確実に必要だったと思っています。

 

 

ワークを受けて良かったです。

安全な場を提供して下さって本当にありがとうございます。

フルマラソンしたくらい泣きました!!

根気強い伴走に心から感謝です(>_<)

 

 

 

 

 

 

               こんな何気ない言葉に気をとめられるようになったのも、珠美さんに会ってからです。

             私、変わっていませんでした。

             ありがとう!!

 

 

 

しかし、帰りの電車の中で案の定幼稚園からお迎え要請の電話が来たのですが、

ザワザワとした不安は無く、意外と元気だった三女と帰りながら、

いつもより穏やかな気持ちで歩いていることを感じました。

さのさんの存在は、秘密のお守りのように感じます。

また、会いに行かせていただきます。

 

 

 

 

 

            「なんと世界は美しい!」とただの日常に感動すら覚えました。

               子供に対する接し方も以前より柔らかくなった気がします。

 

 

 

 

内なる声の「一人になりたい!」をもっと大切にしようと思った

 

 

 

「共感」と「孤独」が少し仲良くなれた

 

 

 

 

 

 

                     珠美さんとのセッションでは、毎回、

                自分である事、自分の心であることの大事さに気づきます。

                そして、セッションが終わると必ず心地よい自分の状態になれます。

                自分の心に出会えた(戻ってこれたと感じます。

 

                すべての答えはわたしの中にあると感じています。

 

 

 

 

 

           「わからない」でいいんだ。って安心しました。

 

 

 

 

 

                       自分を自分に戻せるから、もう怖くない。

                    自分は自分、他人は他人

                    言葉の意味はわかっても、それがどういうことなのか、

                    わからなかったけれど、わかりました。

                    たぶん、こういうことなんだな と(笑)

 

 

   新しいゲーム

 

 

 

とにかく私の世界に侵入しないような言葉選びをされているのだな、ということが、印象的でした。

安心して泣ける、ということの貴重さと、流してきてしまった気持ちの多さを振り返っています。

 

面白かったのが、『つらい、ということなんだな』と思ったときに、

胸が軽くなった気がして、『つらいのに⁉︎』となりました。

つらいと軽々しく口に出す人が嫌いでした。

言ってしまったら本当にもっとつらくなるのだと思っていたので、びっくりしました。

 

 

 

                  ますみさんのハーモニーとセッションを受けてみて、かなり充足感がありました。

                  あの感覚を日常に加える事で、切替が早くなったと思いますし、

                自他の境界が以前と比べたら上手く感じられるようになったなと思います。

                  あまり自分を責めなくなっているなとも思うので、疲れ具合も違う感じがします。

 

 

 

           「これはもう少し掘り下げた方がいいのではないか」

            という気持ちが湧き上がって来ました。

            以前だったら、そこをどうにかしたいと思ったのでしょうが、

            今は少し違って来ていて、「そこには何があるんだろう」という感じなのです。

 

 

 

自分に時間とスペースを

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*クライアントさんの表現そのままに掲載しております。

お一人お一人にストーリーがあり、文化があり、歴史があり、価値観があります。そして、セッションの中での文脈があります。それらセッションの中で表現されたすべてのことに、出会わせていただけましたことに心から感謝の気持ちです。